KJ League 競技会規則

 

KJ League 競技会規則

この競技会規則はKJ Leagueの競技委員会及びリーグ運営委員会において立案し一般社団法人日本オンラインダーツ振興協会(一般社団法人JOD)の承認を受けて決定する。
また、この規則に基づき行われた試合で、競技中に怪我等をしても運営委員会は一切の責任は負いませんので、参加者個人で怪我等の無いように自己管理をお願いします。

 

【第1項】総則

このルールはKJ Leagueが開催する全ての競技会において適用する。

【第2項】開催

KJ Leagueが主催する競技会または、公認競技会等の開催及び新設等の決定権はKJ League運営委員会に帰属する。

【第3項】承認

上記第2項により決定された事項は、理事会の承認を受けなければならない。

【第4項】運営

KJ Leagueで開催する各競技会は、競技委員会が主管・運営にあたる。

【第5項】競技会

各地区、及び各ベニューで開催する競技会は、KJ Leagueが主催し、主管運営は各地区管理者及び各ベニューが行う。

【第6項】資格

全ての競技会において、出場資格選手の決定権は競技委員会に帰属する。

【第7項】選手

全ての競技会において、選手は自己責任において競技会に参加しなければならない。

【第8項】厳守

全ての競技会において、選手は本競技会が認定する主管本部と競技役員の管理と指示に基づいて競技を行わなければならない。

【第9項】規則

全ての競技会において、選手は別に定める競技規則及びそれに追加された規則を守らなければならない。

【第10項】停止

競技委員会は、全ての競技会における選手の重大な違反行為に対し、試合停止の処置を行う権限がある。

【第11項】退場

競技委員会は、全ての競技会における選手及び観衆の重大な違反行為に対し、競技会場からの退場を命ずる権限がある。

【第12項】処分

競技委員会は、全ての競技会における選手の重大な違反行為に対し、出場資格を一定期間停止する処置を行う権限がある。

【第13項】競技規則

別に定める

【第14項】施行

競技会ルールの施行に必要な事項は、別に定める