KJ League 規約・競技ルール

 

KJ League 規約・競技ルール

この競技会ルールはKJリーグの競技委員会及びリーグ運営委員会において立案し理事会の承認を受けて決定する。

 

【第1項】店舗参加資格
  1. ダーツ台が設置してある店舗。※オンライン・オフラインは問わないが、使用できる台が限られる。
    (スタッツが正しく取得できる機種のみとする)
  2. WEB上より店舗登録をして運営委員会にて参加承認をされた店舗。
  3. 店舗の営業形態、ゲーム代の金額設定などの変更があった場合は運営委員会及び地域オーナーミーティングにて参加資格の有無を決定する。
  4. 一般社団法人日本オンラインダーツ振興協会が参加を断る場合もある。

 

【第2項】店舗登録費・個人会費
  1. 店舗登録費は1店舗あたり20,000円とする。※原則として初期登録費以外に費用は発生しない。(店舗登録費には試合に必要なタブレットPC、カードリーダー、店舗カード、チームカード、送料が含まれている)
    •  ※支給物品に関しては店舗所有物となり、これらのKJ用品に関して紛失・破損などがあった場合の商品提供は有償となる。タブレット15,000円・カードリーダー4,000円・カード1,000円
    • ※初期不良は交換で対応いたしますが、タブレットの落下などで明らかな瑕疵がみられる場合は有償となります。
  2. 個人登録費は1名あたり2,000円(1シーズン)とする。
  3. チーム登録費は1チームあたり3,000円(1シーズン)とする。

 

【第3項】ミニマム
  1. 地域オーナーミーティングによりミニマムを制定できるものとする。
  2. 事務局の推奨ミニマムは最低1名あたり1,000円とする。(チャージを含めても可)
  3. 開催店舗内にミニマムを記載したものを必ず掲示すること。
  4. ミニマムは試合参加者のみに適用される。見学者は開催店舗の通常営業システムで対応すること。※開催地により異なります。
【第4項】開催エリア
  1. 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国、四国、九州沖縄の9エリアに分ける。
  2. エリア内で都道府県に分けられ、必要であればブロック分けされる。ブロック分けに関してはその地域の 交通や参加店舗などを考慮して決定する。運営委員会が認めれば都道府県で区切らなくてもよい。

 

【第5項】ブロック内のリーグ戦について
  1. リーグ戦については原則3チーム以上6チーム以下で行う。
  2. チームが多数ある場合にはディビジョン分けをする。
  3. 1チームに対してホーム戦アウェー戦を1戦ずつ戦い、総当たり戦を行う。
  4. 全ての対戦が終了し、ディビジョン内で勝ち点の最も多いチームが優勝となる。
  5. 勝ち点が同点の場合は、下記の順で順位を決める。
    1)該当チーム同士の直接対決の結果
    2)総勝ちレグ数の多いチーム
    3)01のチームスタッツが高いチーム

 

【第6項】優勝賞品抽選
  1. 各ディビジョンの優勝チームにはトロフィー及び優勝賞品が授与される。
  2. 各ディビジョンの優勝チームが全国で出揃った後、抽選会にて各チームの優勝賞品を決定する。
  3. 新規チームが新規チームのみのディビジョンでない場合に、新規チームが優勝した場合は優勝賞品を獲得することが出来ない。
  4. 3の場合は2位のチームが権利を得ることとする。
  5. 新規チームのみのディビジョンで優勝した場合は優勝賞品を獲得することが出来る。

 

【第7項】ディビジョン分け
  1. 翌シーズンのディビジョンは前シーズンのチームKJレーティングにより決定される。
  2. 優勝チームでもディビジョンが上がらない場合もある。
  3. 新規チームは最下ディビジョンでなく真ん中のディビジョンに振り分けられる。
  4. 新規チームが複数集まった場合は新規チームのみのディビジョンが作成される。
  5. 1ディビジョンしか作成できない地域に関してはオートハンデを採用する場合もある。

 

【第8項】チームについて
  1. 1チーム3名以上20名以下とする。
  2. WEB上で個人及びチームを登録すること。
  3. チーム名およびキャプテンを決めること(チーム名はシーズンスタートまでに変更が可能となる。)
  4. チームカードをチーム作成時に店舗より受け取り、試合には必ず持参すること。
  5. キャプテンはゲームスタッツを入力する役目があり、問題が生じた時に相手キャプテンと話し合う代表者となるため、キャプテンが試合に出場できない場合は代理キャプテンを立てること。
  6. 原則として、登録できるチーム数は店舗設置ダーツ台1台につき2チームまでとする。
  7. チームに登録され試合に参加するプレイヤーを出場者(ミニマム適用)、チームに登録しているが試合に出場しないプレイヤー及び、チームに登録をしておらず見学に来た者は応援者(ミニマム非適用)と定める。
  8. リーグ参加期間において、JAPAN及びPERFECTプロ資格保持者の試合参加ゲーム数は1試合最大6ゲームまでとする。(女子プレイヤーは除く)

 

【第9項】未成年者の参加について
  1. 登録された店舗住所の都道府県が定めた青少年保護育成条例に準ずる。
  2. リーグに参加する場合は未成年者証を携帯及び表示をすること。
  3. 未成年者証を試合当日に忘れた場合は参加することができない。
  4. 参加には必ず未成年者承諾書の記入と提出が必要となります。
  5. 未成年がゲストで参加する場合も未成年誓約書を記入する事。その誓約書が未成年者証となる。その後、事務局に送付し所定の手続きを行う事。

 

KJ League 競技ルール

 

【ゲーム内容】

ゲーム内容及び試合進行の順番は下記の通りとする。対戦相手と相談の上、試合順を変更することも可能となる。

    1. トリオス 701
    2. シングル クリケット
    3. ダブルス 501
    4. シングル クリケット
    5. ダブルス 501
    6. シングル クリケット
    7. シングル 501
    8. トリオス クリケット
    9. シングル 501
    10. トリオス クリケット
    11. シングル 501
    12. ダブルス クリケット
    13. トリオス 901

1試合のゲーム代合計金額は1チームあたり2400円とする。試合開始前に両チームキャプテンが集金し店舗に納める。ダーツ台の設定金額が店舗により異なる場合であってもプレイヤーは上記金額以上支払う必要はない。ゲームラウンド数は店舗によって異なるので店内に必ず掲示すること。最大ラウンド設定は、01および   クリケット共に20ラウンドまでとする。

 

【推奨】
  1. 501・701・クリケット→15ラウンド
  2. 901→20ラウンド

 

【オーダー】
  1. オーダーは試合の10分前までにパソコン、スマートフォンで入力しておくこと。
  2. タブレットへの入力ミス、インターネットが使えなくなるなどの不測の事態にそなえ、リザルトシートを必ず併用すること。
  3. リザルトシートは、試合が終わりましたらシーズン終了まで、必ず開催店舗にて保管すること。
  4. オーダーは試合開始後はいかなる場合でも変更は出来ない。
  5. トリオス4ゲーム、ダブルス2ゲーム、シングル2ゲームの合計8ゲームが1試合の1人あたりの最大出場可能ゲーム数となる。
  6. ダブルスは同一ペアで複数ゲーム出場することはできない。必ずペアを変えること。
  7. シングルは01ゲーム・クリケット共に1ゲームずつ参加することが出来る。1人でシングル戦3ゲーム以上、または同一種目のシングル戦に2試合以上参加することはできない。
  8. オーダーはシステムを必ず利用して作成し、オーダー作成時に選択できない場合は上記内容をクリアしていないので確認すること。その後、リザルトシートにオーダーを転記して試合を開始すること。

  9. リーグ参加期間におけるJAPAN及びPERFECTプロ資格保持者の試合参加ゲーム数は1試合最大6ゲームまでとする。(女子プレイヤーは除く)※開催地域により異なります。

 

【2名試合】
  1. 2名でも試合を行うことが出来る。
  2. 対戦は13ゲームすべてを行うこと。
  3. 2名チームは下記ゲームのみ勝ち点・スタッツが反映される。
    • ・2ゲーム目のシングル クリケット
    • ・3ゲーム目のダブルス 501
    • ・4ゲーム目のシングル クリケット
    • ・7ゲーム目のシングル 501
    • ・9ゲーム目のシングル 501
  4. 3名チームはすべての試合において勝ち点・スタッツが反映される。
  5. ミニマムは3名分、ゲーム代は2,400円を支払うこととする。※開催地により異なります。

 

【試合開始時間】
  1. 各地区の定めた開始時間までに集合し試合を開始すること。
  2. 遅刻に関しては相手チーム及び開催店舗に連絡をすること。連絡がない場合はデフォルトとして扱われる。
  3. 電車の遅延や天候不良など、不可抗力での遅刻に関しても必ず連絡すること。
  4. 両チーム間で話し合い、開催可能な試合から始めること及び開始時間を変更することも可能である。

 

【ゲスト】
  1. 参加メンバーが不足している場合、チームに登録していないゲストを試合に参加させることが出来る。
  2. 1試合につき2名まで使用することが可能。チームに登録しているメンバーが1人以上必要となる。
  3. ゲスト参加フィーとして500円をチーム所属店舗に支払うこと。
  4. ゲストのみで試合を行うことは認めない。(2名試合は行えない)
  5. 未成年がゲストで参加する場合も未成年誓約書を記入する事。その誓約書が未成年者証となる。その後、事務局に送付する事。

 

【チームメンバーの追加】
  1. WEBから個人登録を行い、チームメンバーを追加することができる。
  2. シーズン途中でも随時追加することが可能である。途中追加の場合は翌シーズンに個人登録費を集金する。

 

【チームの移籍】
  1. 原則としてシーズン中の移籍は出来ない。
  2. やむを得ない事情(チーム解散や店舗閉店など)がある場合は運営委員会が判断する。

 

【チームの解散】
  1. チームを解散する場合は決められた期日までに運営委員会へ申請をすること。
  2. シーズン途中での解散も認められるが、未消化の試合に関してはデフォルトとして判断されるため、罰則金を未消化試合開催店舗に支払うこととする。解散要因が店舗かチームにより、支払い責任が異なる。
    a)店舗が閉店した場合・・・閉店する店舗が未消化試合開催店舗へ罰則金を支払う。
    b)チームが解散した場合・・・チームメンバーが未消化試合開催店舗へ罰則金を支払う。

 

【集金方法】
  1. キャプテンミーティング時に登録しているメンバーの登録費を請求する。
  2. シーズン途中の登録に関しては次期キャプテンミーティング時に請求する。

 

【日程変更】
  1. 日程については原則として2週間に1試合という日程で試合を行うが、対戦チーム同士の話し合いにより変更することも可能とする。

 

【デフォルト】
  1. 試合予定日程3日前の24時までに日程変更を申し出ずに試合を開催できなかった場合はデフォルトとなる。
  2. デフォルトとなった場合の勝ち点は13-0となる。
  3. デフォルトチームは各エリアで制定されたミニマム3名分とゲーム代2400円を罰則金としてチームで集め、チームキャプテンが開催予定店舗に支払いに行く。
  4. 支払期限はシーズン最終開催日から1週間以内とする。
  5. 期限内に支払われない場合は運営委員会へ連絡の後、徴収する。
  6. 支払いが滞っているチームの次期参加に関しては運営委員会が判断する。

 

【試合開始】
  1. ホームチームのキャプテンにより、地域・ディビジョン・対戦チーム名・プロの有無・未成年の有無などを言い、スタートする。

 

【先攻後攻】
  1. 総合点で負けているチームが先攻となる。
  2. 最初のゲームおよび試合の総合点が同点の場合はホームチームからコークを投げセンタービットに近いチームが先攻となる。同ビットの場合は投げる順番を入れ替えてコークをする。
  3. チーム戦(ダブルス、トリオス)の場合はそのゲームに参加するメンバーであれば誰がコークを投げてもよい。

 

【練習スロー】
  1. ゲーム前の練習スローは1スロー3本とする。
  2. 試合が始まってから下記のような行動は練習とみなし認めない。
    a)使用していない他の台で投げる行為
    b)フィニッシュ後に残っているダーツを投げる行為
    c)01ゲームにてバーストし、残っているダーツを投げる行為
    上記の行為が認められ、対戦チームのキャプテンにより指導を行い、是正されない場合はそのゲームをデフォルト負けとみなす。
  3. 空き台での練習等は禁止とする。

 

【試合実施台】
  1. 複数台設置の店舗であっても原則として1台で試合を行う。
  2. ゲームの延長や集合時間の遅延などで終電に間に合わないなどのやむを得ない事情がある場合はキャプテン 同士で話し合い、店舗の承認を得て複数台で試合を実施することも可能となる。

 

【マナー】
  1. 下記内容のような行為を禁止する。キャプテンによる抗議があり何度も注意し是正されない場合は最終的に 店舗を通し運営委員会へ連絡をすること。
  2. 対戦中の相手に対する誹謗中傷。
    a)ダーツを投げる際の妨害行為。
    b)店舗内で暴れるなどの迷惑行為。
    c)開催店舗、参加者、他のお客様に迷惑をかける行為。
    d)試合中の喫煙行為、および試合台周辺での喫煙行為。
    改善が見られない場合は、無効試合、チーム解散、該当店舗でのリーグ開催拒否などの判断が運営委員会より下される場合もある。

 

【素振り】
  1. スローラインに立ちダーツボードに向かって素振りをする行為は投げる意思が認められ1スローとみなされる場合がある。

 

【順番間違え】
  1. 登録したオーダーと違う順番で投げてしまった場合はラウンドを戻し0点とする。
  2. ゲームの先攻後攻を間違えてしまった場合はもう一度最初からやり直す。

 

【反応・誤反応】
  1. 反応優先とする。
  2. 盤面にすでに刺さっているダーツに当たったなどで反応した場合も反応優先とする。
  3. 上記以外、明らかな誤反応に関しては、相手チームの承諾を得てラウンドを戻し修正する。
  4. ダーツが刺さらず無反応だった場合、そのダーツは0点とする。
  5. 前投者がチェンジボタンを押した後、ラウンドが切り替わる前に投げたダーツに関しては0点とする。

 

【ラウンドオーバー】
  1. 01で両チームともに上がれなかった場合は残り点数ではなく、コーク勝負となる。
  2. クリケットでラウンドオーバーになった場合は獲得点数が高いチームを勝ちとする。
  3. クリケット獲得点数が同点だった場合はコーク勝負を行い勝敗を決める。
  4. コークを投げる順番はそのゲームの先攻チームから投げることとする。
  5. 同ビット数だった場合は刺さっているダーツを抜き、順番を入れ替え再度コークを行う。

 

【途中退場】
  1. ルールやマナー違反により途中退場者が出るなどし、対戦することのできないゲームはそのチームの負けとなる。退場者の補てんなどのオーダー変更は認められない。
  2. その後の試合が続行できない場合はそのチームのデフォルト負けとなり残っている試合全てのポイントが相手チームに入る。

 

【試合終了】
  1. 全てのゲームが終わり、お互いのチームが試合台の前に並び、ホームチームキャプテンより試合結果を発表し両チーム握手を交わす。

 

【試合結果の入力】
  1. ホームチームが記録したリザルトシートをもとに、両チームキャプテンにより試合内容をシステム上で打ち込むこと。
  2. リザルトシートにアウェイ代表者は、同意のサインをし、試合が終わりましたら必ず開催店舗がリザルトシートを保管して下さい。

 

【勝利ボーナスポイント】
  1. 1ゲーム勝ったチームに1ポイント付与される。
  2. 13ゲーム行うので最大で13-0となる。
  3. 7ゲーム勝つとその試合の勝利チームとなる。
  4. 勝利チームにはボーナスポイントとして2ポイント付与される。